2011年03月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(M9.0)について

2011年03月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(M9.0)について,弘前大学大学院理工学研究科附属地震火山観測所による観測結果などを公開します.

情報は随時更新されます.(最終更新日時:2011年06月23日08時30分;更新履歴

<注>(2011年03月31日記)
Windows上でIE(Internet Explorer)をご利用の場合,一部の画像が閲覧できない状態にあり,この問題について対応策を検討中です.
大変お手数をおかけしますが,以下に示すブラウザーをお試し下さい.
こちらで動作検証済みのブラウザー:Safari, Opera, Google Chrome, Firefox(いずれも最新版)

弘前大学観測点における連続波形
泊観測点(六ヶ所村)における最新の連続波形記録
東北地方北部における準リアルタイム地動分布表示
約5分前の地動分布(その1分間におけるスナップショット)
 各観測点における最大値
 各観測点におけるRMS平均値
約10分前〜5分前の地動分布(5分間の履歴をアニメーション化)
 各観測点における最大値
 各観測点におけるRMS平均値
東日本広域で見る連続波形
北海道〜中部地方における最新の連続波形記録

震源分布図
東北地方内陸北部の地震活動.
 東北地方太平洋沖地震発生後は内陸での地震活動も活発になっていますが,太平洋沖地震発生前にはあまり活発ではなかった場所で発生しているのが特徴です(赤い楕円の領域).
 (a)は太平洋沖地震発生前10年間の震央分布で,活動が活発だった場所(青い楕円)では太平洋沖地震発生後の活動は静穏です.
 (a)のデータ及び(b)のデータの一部は気象庁によるものです.
 
 
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月15日に発生した地震の震源分布.
 シンボルの種類は震源の深さ,シンボルの大きさはマグニチュード,シンボルの色は期間を表します.
 05月15日には岩手県沖から宮城県沖にかけて広範囲に地震が発生しました.
 
 
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月14日に発生した地震の震源分布
 05月14日には岩手県南部と宮城県北部の沖合での地震活動が比較的活発でした.下北半島と栗駒山付近でも地震の発生がありました.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月13日に発生した地震の震源分布
 05月13日には岩手県沿岸と岩手県はるか沖での地震活動が比較的活発でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月12日に発生した地震の震源分布
 05月12日には秋田県内陸での微小地震活動が比較的活発でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月11日に発生した地震の震源分布
 05月11日には内陸での微小地震活動が比較的活発でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月10日に発生した地震の震源分布
 05月10日には秋田県内陸での地震活動は静穏でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月09日に発生した地震の震源分布
 05月09日には岩手県・宮城県の沿岸付近での地震活動は静穏でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月08日に発生した地震の震源分布
 05月08日05時52分に岩手県北部の沖合でマグニチュード5.7の地震が発生しました.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月07日に発生した地震の震源分布
 05月07日には岩手県沖から宮城県沖にかけての活動が比較的活発でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月06日に発生した地震の震源分布
 05月06日には岩手県沿岸や秋田県内陸中部での地震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日〜05月05日に発生した地震の震源分布
 05月05日23時58分に宮城県沖の日本海溝付近でマグニチュード5.9の地震が発生しました.
03月16日〜04月01日,04月08日〜04月24日,及び05月04日に発生した地震の震源分布
 05月04日14時41分に小川原湖付近の深さ92 kmにおいてマグニチュード4.5の地震が発生しました.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜4月22日に発生した地震の震源分布
 04月22日の地震活動は比較的静穏でしたが,143°以東での活動が相対的に活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月21日に発生した地震の震源分布
 04月21日には岩手県北部の沖合とそのはるか沖での地震活動が比較的活発でした.秋田県内陸での地震活動も継続しています.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月20日に発生した地震の震源分布
 04月20日には前日に引き続いて秋田県内陸中部での地震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月19日に発生した地震の震源分布
 04月19日04時14分に秋田県内陸中部でマグニチュード4.8の地震が発生しました.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月18日に発生した地震の震源分布
 04月18日には岩手県北部の沖合での地震活動がやや活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月17日に発生した地震の震源分布
 04月17日には岩手県南部から宮城県の沖合と岩手県中部沿岸での地震活動が活発でした.
03月16日〜04月1日,及び04月08日〜04月16日に発生した地震の震源分布
 04月16日には宮城県沖,岩手県中部沿岸,秋田県内陸中部などでの地震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月15日に発生した地震の震源分布
 04月15日には,地震の規模は大きくありませんが,岩手県中部沿岸や秋田県内陸中部での地震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月14日に発生した地震の震源分布
 04月14日04時57分に岩手県のはるか沖の海溝付近でマグニチュード6.1の地震が発生し,その西側での地震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月13日に発生した地震の震源分布
 04月13日には岩手県北部の沖合での活動は低調で,はるか沖での活動がやや活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月12日に発生した地震の震源分布
 04月12日に発生した地震が多かった場所は前日とほぼ同様でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月11日に発生した地震の震源分布
 04月11日には岩手県沖から宮城県沖にかけてのいくつかの領域に集中した地震活動が見られました.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月10日に発生した地震の震源分布
 04月10日には岩手県中部沿岸での余震活動が活発でした.
03月16日〜04月01日,及び04月08日〜04月09日に発生した地震の震源分布
 04月7日23時32分に宮城県沖で発生したマグニチュード7.1の地震の余震活動が続いています(□印).その余震分布は東に高角に傾いているように見えます.
03月16日〜04月01日,及び04月08日に発生した地震の震源分布
 04月7日23時32分に宮城県沖で発生したマグニチュード7.1の地震の余震活動が見られます(□印).
03月16日〜04月1日の期間に発生した地震の震源分布
 04月1日19時49分に秋田県内陸北部でマグニチュード5.1の地震が,20時57分には岩手県沿岸でマグニチュード5.9の地震が発生しました.秋田県内陸北部の地震では余震活動がありました.
03月16日〜03月31日の期間に発生した地震の震源分布
 03月31日16時15分に岩手県と宮城県の県境の沖合でマグニチュード6.0の地震が発生しました.秋田県内陸中部での小地震の活動は2か所に分かれて発生しています.
03月16日〜03月30日の期間に発生した地震の震源分布
 03月30日には岩手県南部と宮城県北部の沖合2か所での地震活動が活発でした.秋田県内陸での小地震の活動は場所を変えて続いています.
03月16日〜03月29日の期間に発生した地震の震源分布
 03月29日には岩手県南部の沖合での地震活動が活発でした.秋田県内陸での小地震の活動が続いています.
03月16日〜03月28日の期間に発生した地震の震源分布
 03月28日07時23分に宮城県北部の沖でマグニチュード6.5の地震が発生しました.14時38分に秋田県内陸でマグニチュード4.1の地震が発生し,その後も地震活動が続いています.
03月16日〜03月27日の期間に発生した地震の震源分布
 03月27日22時41分に岩手県南部の沖合でマグニチュード5.6の地震が発生しました.その南の領域や岩手県中部の沖合での活動は静穏でした.
03月16日〜03月26日の期間に発生した地震の震源分布
 03月26日の余震活動は岩手県中部よりも南の沖合の領域に限られていました.内陸から日本海にかけては,広域的に中小地震の発生が見られました.
03月16日〜03月25日の期間に発生した地震の震源分布
 03月25日20時36分に宮城県北部の沖合でマグニチュード6.2の地震が発生しました.また,下北半島で小地震の発生がありました.
03月16日〜03月24日の期間に発生した地震の震源分布
 03月24日17時20分に岩手県南部の沖合(赤い円が集中している場所)でマグニチュード6.1の地震が発生しました.
03月16日〜03月23日の期間に発生した地震の震源分布
 03月23日には岩手県南部の沖合での活動が活発でした.
03月16日〜03月22日の期間に発生した地震の震源分布
 
03月22日に発生した地震の震源分布
 18時44分に岩手県のはるか沖でマグニチュード6.2の地震が発生しました.
03月21日に発生した地震の震源分布
 規模の大きな地震の数が減ってきました.
03月20日に発生した地震の震源分布
 21時03分に岩手県沿岸でマグニチュード5.8の地震が発生しました.
03月19日に発生した地震の震源分布
 岩手県沖合と日本海溝周辺での余震活動が活発でした.
03月18日に発生した地震の震源分布
03月17日に発生した地震の震源分布
 13時13分に岩手県北部の沖合でマグニチュード5.8の地震が発生し,その余震活動も活発でした.
03月16日に発生した地震の震源分布
 00時23分に青森県と岩手県の県境のはるか沖でマグニチュード6.4の地震が発生しました.
03月13日00時〜01時53分の期間に発生した地震の震源分布
 日本海溝付近で発生した地震があります.
03月12日17時14分〜23時59分の期間に発生した地震の震源分布
 
<脚注>
・観測された地震全ての震源を決めているわけではありません.
・速報震源ですので,決定精度の悪いものも含まれています.
・マグニチュードは気象庁発表のものと異なる場合があります.
・破線は1968年十勝沖地震及び1994年三陸はるか沖地震のアスペリティ領域を,▲印は活火山を表します.

本震時の地震波形
弘前大学泊観測点(六ヶ所村)
 本震時の3成分記録(2011年03月11日14時47分〜14時52分)
 
 
 
 本震前後の上下動記録(2011年03月11日14時00分〜16時00分)
 
 
 
 過去に発生した地震との比較
 
 
 
<脚注>
・本震時の地震動によって弘前大学も停電したため,大学内では収録されませんでした.この記録は弘前大学のスタッフが現地で回収したものです.

地震波形の例
2011年06月23日06時51分頃に岩手県沖で発生した地震(M6.7)
 北海道〜中部地方で観測された,2011年06月23日06時50分〜07時00分の連続記録です.この地震では,主に東北地方で有感となりました.
 画像をクリックすると,別ウィンドウで拡大表示させることができます.
 
 北海道〜中部地方で観測された,2011年03月20日21時00分〜21時10分の連続記録です.この地震では,主に東北地方で有感となりました.
2011年04月11日17時16分頃に福島県浜通りで発生した地震(M7.1)
 この地震では,東日本広域で有感となりました.画像をクリックすると,別ウィンドウで拡大表示させることができます.
 北海道〜中部地方で観測された,2011年04月11日17時10分〜17時20分の連続記録
  図の左側に見えるのは,北海道十勝地方中部で発生した地震(M3.7)です.
 
 北海道〜中部地方で観測された,2011年04月11日17時20分〜17時30分の連続記録
  この地震の地震動に続いて,立て続けに余震が発生している様子が認められます.
 
 
 
2011年04月01日19時49分頃に秋田県内陸北部で発生した地震(M5.1)
 北海道〜中部地方で観測された,2011年04月01日19時40分〜19時50分の連続記録
 北海道〜中部地方で観測された,2011年04月01日19時50分〜20時00分の連続記録
2011年03月20日21時03分頃に岩手県沿岸で発生した地震(M5.8)
 北海道〜中部地方で観測された,2011年03月20日21時00分〜21時10分の連続記録です.この地震では,主に東北地方で有感となりました.
2011年03月17日13時14分頃に岩手県沖で発生した地震(M5.8)
 北海道〜中部地方で観測された,2011年03月17日13時10分〜13時10分の連続記録です.この地震では,東日本広域で有感となりました.

参考文献
Kosuga, M. and K. Watanabe, 2011, Seismic activity around the northern edge of the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake
   with special attention to a potential large aftershock in the area, EPSに投稿中.

関連リンク
2011年東北地方太平洋沖地震の調査
 弘前大学大学院理工学研究科佐藤教授による,クーロン破壊関数の変化の紹介.
弘前大学の強震観測
 弘前大学大学院理工学研究科片岡准教授による,本地震の観測記録とその分析結果の紹介.

ここに掲載されている情報は,弘前大学・青森県地震観測システム・北海道大学・東北大学・気象庁・Hi-net・F-netのデータに基づいています.
関係機関各位に記して謝意を表します.

弘前大学大学院理工学研究科附属地震火山観測所