図に示すのは 2005 年度に発生した地震の震源分布です.板柳町の北部でのまとまった活動は,それ以前の期間においても見られたものです.2005 年度の地震活動の特徴は,これまで地震の発生がほとんど知られていなかった弘前市弥生付近(A の領域)及び弘前市国吉付近(B の領域)における活動が見られたことです.これらの地震の規模はマグニチュード2未満の小規模なものでした.震源の深さは 10 km 付近に集中していて,板柳町北部での地震の深さ(15 km 前後)よりは浅い場所で発生しています.
 
最近の地震活動
2005 年 4 月~2006 年 3 月の期間に岩木山周辺で発生した地震の震源分布.下段は地震の深さ分布を東西断面図に投影したもの.丸の色は震源の深さを,丸の大きさはマグニチュードを表します.A と B の領域ではこれまでほとんど地震が発生していませんでした.